JR博多駅屋上からCQ発信

これまで雨が続いていたのに今日は朝からチョット天気が良かったので喜んで準備をしてJR博多駅に行きました。相変わらず子供連れのご家族がやアベックの人達が多いです。
ハム叔父さんは 1 個のテーブルを使ってCQを出し続けます。しかし、誰も反応がありません。電波を遮蔽シールドされているのかな?と思う位です。

そこで、西区で八木アンテナを上げて盛んにやっている木下さんに電話しました。すると、木下さんも自分がハムを始めたばかりで困っているのでなんとかしたいという事で姪浜駅まで迎えにくるので家に来なさい。との事です。本当に嬉しくて木下家に久しぶりに行く事にしました。

凄いアンテナが屋根を覆っています。持ち家はいいですねー。

早速、無線室に入ります。
自分の無線機 八重洲の FT-818ND に木下さんのHF帯のアンテナに接続します。すると 7.68.35 MHz帯で大きな信号が入ってきます。わー。無線機は壊れていない。やっぱりアンテナだー。と安心しました。

次に 144MHz のテストです。こちらでもたくさんの局が入ってきます。最高!です。自分のこの状態でCQを出し、古賀町の Y さん、愛宕山の方と 40 数年振りの QSO が出来ました。久しぶりに緊張しますね。
普段、人とお話をする機会が少ない自分にとっては老後に楽しみにホント良いようです。

木下さんは、下図のように海外とも盛んにやっておられます。

 

別棟の無線機室です。この後ろ側にも沢山の古い無線機があります。とにかく 40 のキャリアがある木下さんは凄いです。

下図は、パワー機の一部です。この FT818NDは 2W 機なので 10 Wのパワー機を付けたら。とアドバイスを頂きました。なるほど。。中古なども出ているとの事で自分も今後は是非、検討したいと思います。

とにかく良かったです。

日曜日の今日も天気が良いようだし外に出てみようと思って無線機のマニュアルを見ていたら前面のホイップアンテナ後部の外部アンテナの設定を間違っているようです。

  1. 「 F 」ボタンを長押しする。
  2. 「 SEL 」ツマミを回してメニュー番号「 7 ANTENNA 」を選ぶ
  3. 「 DIAL 」ツマミを回して 「 FRONT(前面) 」/「 REAR(背面)」を選ぶ
  4. 「 F 」ボタンを長押しする。

以上でアンテナの切替をする必要がありました。これでCQ出しても 59 のレポートが頂けるようになりました。